株主還元

経営基本方針

当社は、株主の皆様への利益還元を経営方針のひとつに定めております。

株主様へ利益還元方針

第一に、積極的に事業を展開し、企業全体としての価値の向上を目指します。
第二に、企業活動により得た利益に関しては、業績に連動した配当により還元を行います。
以上により、将来の利益創造と、現在の利益配分の実現を目指します。当社の配当施策は、安定配当の考え方を採用せず、経営基盤の一層の強化と事業拡大に必要な内部留保の充実を考慮したうえで、業績に連動する利益還元を行うことを基本方針にしております。

1株当たりの配当金

6期連続で更新中

※15/3期の1株当たり配当金5.00円には、東証第二部市場変更記念配当金0.25円を含んでおります。
※16/3期の1株当たり配当金5.50円には、東証第一部指定記念配当金0.25円を含んでおります。

明確で分かりやすい配当方針

期間における株主資本と他人資本の両経営資源活用の最終成果である当期純利益と、決算期末における財政状態に占める株主資本と他人資本の構成に応じて、配当性向及び配当金額を算出することとしており、具体的運用基準を次のように定めております。

1株当たり中間配当金の算出方法

  • ・期首において計算した1株当たり年間配当金の1/2とします。
  • ・1株当たり中間配当金の1円未満は切り捨てて算出しております。

1株当たり期末配当金の算出方法

  • ・配当金の原資は、税引き後の当期純利益とします。
  • ・当社所定の計算基準により配当性向を決定します。
     配当性向=自己資本比率×0.5+(1-自己資本比率)×0.2
  • ・配当金総額の計算を次の算式により行います。
     配当金総額=当期純利益×配当性向-中間配当金総額
  • ・1株当たり期末配当金の計算を、次の算式により行います。
     1株当たり期末配当金=配当金総額÷発行済株式総数

その他

  • ・その他配当金計算に関する詳細は当社内規に基づいて行われます。
  • ・特別な損益等の特殊要因により税引き後の当期純利益が大きく変動する事業年度については、その影響を考慮し、配当額を決定します。
  • ・特別な貸借等の特殊要因により自己資本比率が大きく変動する事業年度については、その影響を考慮し、配当性向を決定します。
  • ・1株当たり配当金の1円未満は四捨五入して算出しております。

本ウェブサイトのいかなる情報も、当社の株式や社債の購入や売却を勧誘するものではありません。投資に関する最終決定は、利用者ご自身のご判断と責任において行われるようお願いいたします。
本ウェブサイト上に掲載された計画や見通しなど、歴史的事実でないものは、あくまでも資料開示時点の当社の予測に基づくものです。したがって、実際の業績は、経済状況など種々の要因により、予測と大きく異なる可能性がありますので、ウェブサイト上に掲載された情報のみに依存されることのないようお願いいたします。また予測に影響を与える種々の要因に変化があっても、つねに当社が将来の予測を見直し、それをウェブサイト上に開示するとは限りません。

本ウェブサイトの内容は予告なく、変更、掲載を中止することがありますので、予めご了承ください。

本ウェブサイトに情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、コンテンツの内容が正確であるかどうか、最新のものであるかどうか、安全なものであるか等につきましては保証をするものではなく、掲載された情報の誤りやデータのダウンロードなどによって生じるいかなる障害・損害についても、当社は一切責任を負うものではありません。

個人投資家の皆さまへコンテンツ一覧